忍者ブログ
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カウンター
プロフィール
HN:
疲人(つかれびと)
性別:
男性
自己紹介:
    就職しちゃいました。

年齢  23歳。

口癖  暑ちぃ~。
     寒みぃ~。
     だりぃ~。
     ねみぃ~。
最新CM
[06/21 廃人スナイパー]
[05/16 疲人。]
[05/15 廃人スナイパー]
[05/11 疲人。]
[05/09 廃人スナイパー]
最新記事
(10/22)
(10/06)
(07/16)
(07/15)
(07/13)
最新TB
アクセス解析
ブログ内検索
フリーエリア
バーコード
忍者ブログ | [PR]
甘く、切ない話あります。(もうないかも?)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



 

とあるCMで

      【人の未来予想は、最高最低の事しか考えない。】

 というのがあった。(少し内容が違うかもしれないが・・・。)

たしかに人は、何かをする時 最高の結果が得られた時の想像 と 最悪の結果だった時の想像をする。

その想像に胸を膨らませ、結果によって一喜一憂する。

しかし、物事が普通に進んだ時の想像はしない。

「物事が普通に進んだ」という事自体が、最高の結果。もしくは、最悪の結果なのかもしれない。

そういう事があっても、おかしくはない。

でも、それが毎回 最高 か 最悪 とは限らないはずだ。

そもそも、それなら物事が普通に進むという事自体がおかしな話である。

「普通に進んだ」が、「最高の方向に進んだ」 等に言い換えられなければならない。

物事の結果というのは、最高 と 最悪 の2通りだけではないはずだ。

最高 と 最悪 の間に こそもっとたくさんの道があるはずだである。

少しプラスの方向に進んだだけ、ということもある。

また、少しマイナスの方向に進んだだけ、ということもあるはず。

なぜ、人は 最高 と 最悪  この両極端な2通りしか予想しないのだろう。

選択肢は、まだまだたくさんあるはずなのに。

人は、自分の欲求を満たす為の最善・最高の道を想像してしまうのと同時に もし万が一、こんなことになってしまったら・・・。

という恐怖・畏怖からの絶望を避ける為に、前もって最悪・最低の道を想像し、不安を解消しようとしているのだろうか。

その不安が大きすぎるから、最高の道の想像がまた、膨らむのか。

心の準備として 最悪・最低 という選択肢が必要なのか。

ふと、今までの自分を振り返っても、2通りの思考しか無かったと思う。

もしかしたら、2通りしか、必要ないのか??

最高 の結果を想像するのは、人の性だとして、最悪 の結果を考えてしまうのは、それを考えておけば、もうそれより下の結果が存在しないから、それ以上心配する必要はない。

だから、2通りの予想しか必要ないのか?

という考えまで浮かんで来る。

でも、そんなことは 無いと思う。

少しプラスの想像があっても良い。

それにしても、今までこんな事 考えた事無かった。

未解決のまま 終わるが、そんな簡単に解決できることでもないか。 

    と自己満足する。

 

 

PR


この記事にコメントする
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS:
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

Powered by 忍者ブログ  Design by まめの
Copyright c [ 疲人の法則。 ] All Rights Reserved.
http://tukarebito.blog.shinobi.jp/